Loading

看板娘

専用ページを制作するまでの退避場所

  • ≪前のページ
  • 1
  • |次のページ

忘れそうなのでメモ

ちなみに.htmlファイルには初期で「編集」というコマンドがあったような気がするけどいつの間にかなくなっていたので自分で追加することにしました。

例えば「TeraPadで編集」という文字でX:\TeraPad\Terapad.exeを起動させたい場合

HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\TeraPadで編集\command
@=""X:\TeraPad\Terapad.exe" %1"

とする。

上記の方法ではすべてのコンテキストメニューに追加されてしまうが、今回はhtmlファイルのみに追加したい。

その場合は

HKEY_CLASSES_ROOT\htmlfile\shell\TeraPadで編集\command
@=""X:\TeraPad\Terapad.exe" %1"

とする。

ちなみにいろいろレジストリ見ていたら「編集」がなくなっていた理由がわかりました。

以前win8でブラウザが既定にならなかった場合の対処法の記事でレジストリをいじった際の副作用でした。

HKEY_CLASSES_ROOT\IronHTML\shell\Edit
@="編集(&E)"
HKEY_CLASSES_ROOT\IronHTML\shell\Edit\command
@=""X:\TeraPad\Terapad.exe" %1"

とすれば「編集」が表示されるようになります。

こちらは上記事にも追記しておきます。

オンラインゲーム等でデータ実行防止プログラムに.exeを指定したはいいものの、その後そのゲームをアンインストしてしまいDEPの解除ができなくなったという方がいるのではないでしょうか?

というか自分のことですねわかります。

これは存在しないファイルに関しての操作は受け付けないよ! という地味な嫌がらせで、通常ではもう一度ゲームをインストールしないと解除できません。

それが面倒であればレジストリで直接削除するしかなさそうです。

レジストリ箇所は以下から該当ファイル名を削除すればDEP欄には表示されなくなります。

◇Windows8 64bitの場合(他OSは未確認)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AppCompatFlags\Layers @

ちなみに該当ファイルに互換設定をしている場合は削除すると互換設定も削除されるので、その場合は値から"DisableNXShowUI"を削除してください。

念の為にバックアップをとっておくことを強くおすすめします。

そもそもレジストリ操作はBU必須ではありますけど。

win8を入れたもののメインブラウザとして使っているSRWare Ironが既定のプログラムに出ません(´・ω・`)

なぜかChromiumとしては出ますがhttpに対しての関連付けはできないようです。

というわけでレジストリいじって無理やり関連付け対応させます。

レジストリ

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\IronHTML]
@="Iron HTML Document"
"URL Protocol"=""
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\IronHTML\DefaultIcon]
@=""C:\Program Files\SRWare Iron\iron.exe",0"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\IronHTML\shell\open\command]
@=""C:\Program Files\SRWare Iron\iron.exe" "%1""
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron]
@="SRWare Iron"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\Capabilities]
"ApplicationDescription"="SRWare Iron"
"ApplicationIcon"=""C:\Program Files\SRWare Iron\iron.exe",0" "ApplicationName"="SRWare Iron"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\Capabilities\FileAssociations]
".htm"="IronHTML" ".html"="IronHTML" ".shtml"="IronHTML" ".xhtm"="IronHTML" ".xhtml"="IronHTML" ".xml"="IronHTML"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\Capabilities\StartMenu]
"StartMenuInternet"="SRWare Iron"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\Capabilities\URLAssociations]
"http"="IronHTML" "https"="IronHTML"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\DefaultIcon]
@=""C:\Program Files\SRWare Iron\iron.exe",0"
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\shell\open\command]
@=""C:\Program Files\SRWare Iron\iron.exe""
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\RegisteredApplications]
"SRWare Iron"="Software\Clients\StartMenuInternet\SRWare Iron\Capabilities"

これできちんと既定のプログラムからの関連付け作業が行えるようになるはずですが、普通の方法ではないので何らかの不具合が起こるかもしれません

(プロパティからの関連付けで再度行うとChromiumになるとか)

他のブラウザでも同様にすればできると思います。

レジストリいじっているので自己責任でお願いします。

また上記の内容を見て理解できない方はいじるのはやめておいたほうがいいと思います(´・ω・`)

追記

これで変更した場合、対応するファイルのコンテキストメニューから「編集」コマンドが消えるので以下のレジストリも操作する必要があります。

HKEY_CLASSES_ROOT\IronHTML\shell\Edit
@="編集(&E)"
HKEY_CLASSES_ROOT\IronHTML\shell\Edit\command
@=""起動させるプログラムのフルパス" %1"

とすれば「編集」が表示されるようになります。

いろんなソフトをインストールしていると右クリックメニューってどうしても増えていっちゃいますよね。

削除してもレジストリの削除が正常に行えていなかったりで常駐したり。

定期的にWiseRegCleanerなんかでレジストリの整理や、アンインストールをコンパネや製品にあるUninstall.exe等からではなくRevouninstaller等のソフトでレジストリも一緒にアンインストールしていれば問題ないんですけど、それらを使っていないもしくは使い始めで時々コンパネから消しちゃうとかでレジストリが残っている場合手動で消すはめに(´・ω・`)

とはいっても本来はUninstall.exeやコンパネから消してもレジストリも一緒に消えるので残留するのはまれですが。

というわけで自分が遭遇したレジストリ残留による右クリックメニューの表示残りの該当レジストリを書いておこうと思います。(というより個人的に入らないのではと思ったものメイン)

※削除する場合はバックアップとってからやってください。

OS Windows7 64bit
  • HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\WFH …… 不明。"WFH"という名称よりレジストリ検索
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\Bridge …… AdobeBridge *1
  • HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\Directory.Audio\shellex\ContextMenuHandlers\WMPShopMusic …… オンラインで音楽を購入する
  • HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\(.各画像フォーマット)\Shell ……画像が拡張子のデスクトップの背景として設定
  • HKEY_CLASSES_ROOT\(.各フォーマット)\ShellNew …… 新規作成時の該当形式*2
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\ShellEx\ContextMenuHandlers\Library Location …… ライブラリに追加*3
  • HKEY_CURRENT_USER \Software \Microsoft \Windows\CurrentVersion\ Explorer \FileExts \(拡張子のフォルダ) \OpenWithList …… プログラムから開くの削除法

*1.個別アンインストール方法はわかりませんでした。とりあえず自動起動オフとレジストリ操作による右クリック非表示で対応

*2.ブリーフケースはWindows7では.bfcではなくBriefcaseらしいです。

*3.そういえばライブラリ機能は不要的な記事がどこかで見かけましたね。気になる人は探してみるといいかもしれません

恐らく殆どが消さずとも該当箇所の名称に_(任意の文字)でも付けておけば非表示可能だと思いますが確認はしていません。

またこれ以外に関してはgoogle先生に聞けばもっと詳しくレジストリについて書いている方がいると思いますのでそちらをご参照いただければと思います。

PS.書き終わってから気づいたんですけど、こういうソフトを使えば早かったわけで……

  • ≪前のページ
  • 1
  • |次のページ

archive


×

ログイン