08/201225

神道

概要

神道(しんとう) 未編集

神道における神

神道では一般的に人智では理解のできないものと働きを"カミ"と呼んでいる。

迦微説

江戸中期の国学者の本居宣長は『古事記伝』の中で「尋常ならずすぐれたる得のありて、可畏き物」を「迦微(カミ)」と指摘している。

火水説

「火」を「カ」と音読みし、「水」を「ミ」と訓読みして「カミ」の義と考えるようになったのは近年に入ってからのことである。これはいわゆる言霊思想によって発生した。

関連項目

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • 閲覧制限 ※管理者のみにすると投稿者でも確認ができなくなります。
  • 投稿キー
×

ログイン