Loading

看板娘

専用ページを制作するまでの退避場所

07/201230

誰が為に

人を助けるために力を身につけた者と欲のために力を身につけた者。

よく前者は他者のためにと立派とされ、後者は自分のためにといやしいとされることが多い。

でも自分としてはどちらにも違いはないと思うんですよね。

結局のところ人助けを掲げて力を求めた人もそれは人の為ではなく自分の為なのでは?

とよく思う。

 

死にかけている人を救いたい。

それは自分が見殺しにしたくないだけ。

 

死んだ母を生き返らせたい。

それは自分が母に会いたいだけ。

 

ある意味極論とは思いますけど、心の底から人の為に行動を起こせる人はそうそういないと思う。

悪者に復讐をしたら感謝される。

でもそれは人の為ではなく自分の為である。

 

ようするにすべては結果の違いなだけではないのだろうか。

……あれ、なんか論点が変わっているような。

まぁいつものことですね。

皐月

人の価値観によってそんなの変わる……

また次回をお楽しみに

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

紅葉

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

主に自分用に制作。

普段からトーン使ってる人はどんな感じか頭に入っているから入らないかと。

トーンに慣れていない人が実際に印刷でどうなるか確認できるようにという意図しかないです。

60L|40L 印刷用ファイル

A4で印刷すればきちんとなると思う。

暑いですね。

背景考えてなかったのでこんなことに。

それはそうと、CSP1.0.3きましたね。

.tosファイルが読み込めるようになったので作業の幅が広がりそうです。

あと質感合成もなかなか良い感じに。

これでSAIの時にやっていたキャンバス風にできる。

07/201225

PSO2

oβからやってました。

ship8で。

え、もうオンゲはやらないんじゃないのかって?

オフゲの延長と考えれば(PSPではやってましたし)

 

とりあえず今はHu11 Ra37 Fo28という具合になってます。

これRaが40行く頃にはFo30行くんじゃない?

ところでガンスラッシュをメインに使いたいけどRaだとなんか威力不足(というよりランチャーが強力すぎる)

FoだともはやPP回復手段以外に用途はなし。

やはりHuなのだろうか。

しかしHuやってる友人はHuならわざわざガンスラやる理由が思いつかないとのことだし……

ぐぬぬ。

ガンスラの調整きませんかね。きませんか。そうですよね(´・ω・`)

装備しているクラスによって補正値変わればいいのに―

それだけでもかなり変わるはず(Huは知らん)

でも現状でも剣形態は打撃で銃形態は射撃でしたっけ。

……Raでガンスラやる理由って接近戦がどうのって言う謳い文句じゃありませんでした?

逆にHuでガンスラやる理由って遠距離がどう載って(ry

これじゃどっちも威力を大幅に落としてまでやる理由がないという……

やっぱりクラスによって補正値変えるべきだよー

ただしFoは法撃補正載っても、テクニックの威力は杖やタリスの比にはしないようにしないとダメだけど

 

とりあえず以上PSO2の近況報告でした。

 

また次をお楽しみに……

いい加減にタイトルの付け方を考えないと……

どうもこんにちは水分補給で財布がやばい御堂です。

最近は徹夜→普通に寝る→徹夜→以下ループ

という睡眠状況になっています。

いやなんというか……そのうち体調崩しますねこれ。

 

それはそうと皐月さんのアンチマテリアルライフルをリデザインしてきました。(もう少しディティール描くかもだけど)

うーん、なんというか完全にセーフティを描き忘れてますね。

マガジンとトリガーの間の空間にでも作ろうかしらと思ったけど、そこはどっちかというとマガジンを外す爪でも作るべきですね。

無難に普通の場所に作ろうかな。

それにしてもレールガン……これどうすっかな。

設定自体もまだ固まってないんですよね。

一応普通のレールガンではない的なものなんですけど、電力の供給ケーブルもないし、弾丸を装填する場所も無い。

どうしようね。

膨大な魔力を使用して云々……

なんかなぁ。わざわざレールガンとして使わなくても対物の弾丸を魔力にすればいいじゃないって話になるし。

そもそもエネルギー体をどうレールガンで発射しろと。

上と下の図はそのうち追加します。

 

それにしてもそろそろうp出来る絵を描きあげたいなぁ。

 

PS.設定に関しては看板娘のページにあります。

archive


×

ログイン