前回ちらっと言ってたアイライン。

実はプリウス30系の純正ヘッドランプガーニッシュを購入しているんですけど、事前調査不足でして、どうやら前期と後期ではヘッドライトの形状が違う模様。

主にポジション付近の突起とアール形状が。

で、純正ヘッドランプガーニッシュはというと後期用。

結果、合わない\(^o^)/

ええ、付いているヘッドライトは前期LED仕様です。

しかたないので代案を考えとりあえずカーボンシートにしてみました。

今回はそれの仮組み。

こんなの作っているから実況の編集をする時間がなくなるんだね、わかってる。

何番煎じかわかりませんが、VOICEROIDのファイルをゆっくりMovieMaker3に読み込ませる一連の流れを自動化するツールを作りました。

ちなみに元ネタがあります(付属のReadMeに記載してあります)

紹介動画(ニコニコ動画)

使い方

ツールを起動して設定項目を記入したら、該当VOICEROIDのボタンもしくはアクティブボタンを押すだけ。

これでVOICEROIDの台詞を保存してYMMに読み込みます。

//注意//

Windows10RS1(ver1607)では『VOICEROIDに戻る』及び『VOICEROIDをクリアする』に不具合が発生していますので、オフにしていただくと正常に動きます。次回Updateで修正します。

2016/10/23修正済み

ダウンロード

DL:voiceroid_to_ymm_tool_1.1(Win10RS1)

更新時の一言:Win10RS1の不具合になる早対応とか言っておきながら公開遅れて申し訳ない。ver2に手間取っている(現在進行系)

更新履歴
  • 2016/10/23 ver1.1 Win10RS1不具合修正版公開
  • 2016/05/22 ver1.0 公開

※次回の更新内容予定……ver2として開発言語をC#からC#+WPFに変更、VOICEROID2対応準備、verUp時の設定引き継ぎ準備他

著作権、免責など

本ツールはフリーソフトウェアですが、無料の意味であり著作権フリーではありません。

著作権は御堂圭が保有します。

本ツールを使用して生じたすべての障害・損害・不具合等に関しては一切の責任を負いません。

  

ども、動画編集をサボっている私です。

え、さっさとやれ? ……ごもっともですorz

まぁそんなことは置いておいて、クルマをいじっている人にとっては馴染みのあるカーボンシート。逆に車以外だとスマホカバーあたりでしか見かけないカーボン柄。

そんなカーボンシートのお話。

2016100701.jpgどうも、なにもブログを更新せず1ヶ月以上が経ってしまった御堂です。

というのも書く内容はいろいろあるのですが、引っ越しをしましてその関係でドタバタしていて時間が取れなかったのです。

とりあえず一段落は付いたのでまたちまちまと色んな物を再開したいと思います。(まだ住所変更とかそういう書類関係終わってないけど)

なので今回はそういう状況だったという近況報告のみです。

とにかくまずは実況動画の編集をせねば……

どうもこんにちは、リアのきしみ音が気になる御堂です。

ここんところホームセンターを周っていたのでついでに定番らしいラゲッジバーの自作に踏み切りました。

準備

今回用意したものはこちら。

2016082401.jpg

  • 20 x 40 x 1000mmのアルミ角材
  • M8ボルト 2本
  • M8袋ナット 2個
  • M8スプリングワッシャー 2個
  • M10ワッシャー複数(後述)
  • 取り付けステー x2個

合計で¥4,000も行かないと思います。(道具代を除けば)

あと黒いゴムみたいのは使いませんでした(というか使えなかった)

加工

2016082402.jpg

まずは角材の両端から10mmのセンターに印を付け8mmの穴を開けます。

……あ、少しずれてる。まぁいいか

 

 

 

2016082403.jpg今回はこの元から付いているフックも一緒につけるため少し手を加えます。

と言うのも、このフック見るとわかるんですが、一部が爪状になっているためラゲッジバーのステーを取り付けるとこの爪がステーにあたってつきません。

 

 

2016082404.jpgなので曲げました。最初切ろうと思ったけどめんどくさかったので曲げました。

こうしておけば取り付けることができます。

 

 

組み立て

2016082405.jpg後は簡単。

角材ステーとワッシャーを複数枚重ねて入れて開けた穴を使ってボルトで締めるだけです。

このワッシャーの枚数は角材の内寸やワッシャー・ステーの厚みによって変わるので実際に角材を持って試すといいです。

ちなみに自分はほんの少し隙間が空いてしまった為、締め付けると少しだけ歪曲しました。

ステーの穴自体はM8でなくてもM10程度であれば問題無いです。自分が購入したのは曲げるのが面倒なので最初から45°くらいに曲がっている奴にしたのですが、M8用はなくM10用のみでした。まぁボルトの頭とかがステーにかかるわけじゃないしね。

なお、このステーの場合、長穴になっているので取り付け時に奥に行ったり外に出たりしますが、今回は外側に出して締めました。

角材が汚いって? 値札シールのあとだ。そのうち綺麗にする(作業時清掃道具がなかった)

2016082406.jpg最後にバーを所定の位置に置いて、既存のビスと先ほど爪を曲げた既存のフックを取り付けるだけです。

あ、このステーの場合は角度があっていないので本当なら角度を合わせたほうがいいですけど、やはり面倒だったのでそのままむりくり付けました。

 

 

2016082407.jpg2016082408.jpg取り付け後はこんな感じ。

バーと後部座席の間に小物を入れる空間ができました。

どのみちここはバーがなくても後部座席の角度のせいで大型のものを置く場合はデッドスペースになってたのでラゲッジバーをつけたせいで入らなくなったなんてことは起きないですね。

え、長物は? 角材で傷が付くかもしれないのでマットか何か上に被せて置いてください。

2016082409.jpgちなみに冒頭の材料写真にあったこいつ。

角材のキャップなんですけど、よくよく考えたらボルトが端にあるので入らないですよね。

角材の角の保護は何か他の方法を考えたほうがいいかもしれない。

 

効果の程

でだ、本題の効果なんですが……

うん、きしみ音は消えた。しかしラゲッジのフード? の固定部分のカタカタ音が聞こえるようになってしまったorz

恐らく今まではきしみ音とかであまり気にならなかったのだと思う。

今度、傷防止も兼ねてフェルトかなにかを巻いておこうかな。

で、きしみ音の他にも実は効果があって、駐車場入口なんかの段差を乗り越えたときの突き上げが柔らかくなりました。

ついでにカーブ時の安定性も若干増したかな?

なんにせよ、きしみ音は消え、段差の突き上げが柔らかくなったのは大きいです。約¥4,000弱でこれだからコスパはいいですね(ドリルとかの道具は、なくてもホムセンでレンタルできます)

 

 

archive


×

ログイン