今回は珍しくたまっているものじゃないです。

しかしやはり定番のメーターの色変更です。

そのために買ってきたものがこちら

2015090101.jpg3mm厚の透明アクリル板。300x300mm

アクリルカッター

強力マジックテープx2

透明極薄両面テープ(はがせる)

金具x4

あと写真には載っていないけど青のセロファン

ん、メーターの色変えるだけなのに明らかに使わないだろうものがあるって?

それは今回とは関係ないもの。今後作るもの用に。アクリル板もそれに合わせて3mm厚になっているだけでメーター用ならもっと薄い2mm厚でもいいと思うし、こんなに大きいのはいらないです。

寸法→カット

2015090102.jpgそしたらこんな具合に寸法をカキカキ(某みんカラユーザーさんを参照しました)

横幅最大161mm、縦幅37mm、手前右端から5mmで斜め、手前左端から2.8mm斜め

 

 

 

2015090103.jpgなお、初めてだったので途中から勢い良く削って見事ずれた模様。

破棄して新しく削りだしました。

 

 

 

2015090104.jpgミスらないとは言っていない(端っこの方斜めに切るときにずれた)

めんどくさい……というか今後作るものの材料がなくなるのでこのまま続行。

たぶんセロファンの不透明さ加減でごまかせる

 

 

仮付

2015090105.jpgそしたら透明両面テープを両端に貼り(指紋がつかないように長めに貼り付けてカッターで切るといい)セロファンを上からかぶせました。

ちなみにこれ底面に貼り付けてます。底面の理由はダッシュボード側のガラス面とアクリル板との摩擦による傷をなるべく防ごうと思ったからですが、効果の程は知りません。あと後述してる側面に巻き込めるメリットも有ります(効果は試してないのでやはり知りません)

その間、工具をとりにクルマに行ったり部屋に戻ったりとしてたのでクルマで作業することに。なお、外は雨模様夜のこと。

んで大きめにセロファン切ったら縁に合わせてカッターでカット。

2015090106.jpg仮合わせ。……あれ、はまらない。

どうやら2.8mmのところが削りが甘いようです。

 

 

 

仕上げ

2015090107.jpgもう少し削って、耐水ペーパーで側面の角を落とす(傷は怖いです)

表面の傷が消えないかなぁと思って表面もペーパー掛けたが最後、曇った(´・ω・`)

コンパウンドで消えないかなぁと多少やってみたらまぁ多少は透明感が戻ったけど、アクリル板はなるべく表面はなにもしないほうがいいよ(今回は最終的な影響薄だけど)

 

 

2015090108.jpgちょっと引っかかる感じでハマりました。

奥側がなんかフェルト? ゴム? かなんかなので先に奥側をはめてから手前を押しこめば固定しなくても動かないと思います。

うちは養生テープで貼り付けて引っこ抜けましたけど、ちゃんと確認した方がいいですよ。引っ掛けるような感じの寸法だと最悪取れなくなるので。

実際つけてみた感想ですけど、とあるメーカーが出しているメーター色変更フィルムシートと同じくらいの材料費で作れますが、寸法さえきちんとできればこっちのほうがいいかも。

あっちはフィルムがうまく貼れずに指紋でベタベタ、挙句の果てには端っこがかかってなくて純正の色が見えたり、色が濃すぎたりと問題が多いですし。

写真では白っぽくなってますけど、カメラ性能の問題です。実際はもっと青い。あと左上がアクリル板との隙間のせいで光が漏れている感じがしますけど、たぶんセロファンを側面分も多く残しておけばごまかせるんじゃないかな(今回は底面の縁面で切ってますけど)

そして削ってて思ったんですけど、サンダー欲しいですね……まぁこんな工作ほとんどしないので持っていても仕方ないですけど

 

こんばんは、またしてもプリウスネタです。というかたまっているのでとりあえずさっさと消化したいだけです。

たぶんあと数件続きます。

2015082801.jpgということで今回はインテリアの定番カスタムであろうシフトノブの交換です。

正直純正のあのシフトノブはなんだか安っぽくて好きになれなかったので取り替え対象となりました。

取替え先はGrazioから発売されているレクサスCTのシフトノブです。

プリウスのシフトノブはM6ネジなのでCTシフトノブのM8へ変換するアダプターが付属しています。

 ……が

2015082802.jpg見ての通り変換アダプターをかませているせいで地味に高いです。

ちなみに付け替える時にぐいぐい回したのでこれでも結構入っている方です。

あと写真を撮り忘れたので分解時の写真になってますが、ただ取り替えるだけなら分解する必要ないです。純正シフトを反時計に回して外したらアダプター・CTシフトノブの順につけるだけです。

 

 

分解

2015082803.jpgということでもっと高さを落とすために本体側のM6ネジをもっと切り込んで深く付けられるようにします。

まずは純正シフトノブを外し、コンソールパネルを内張りはがしなどで取っ払います。

 

 

 

 

2015082804.jpg次にコンソールパネル周りのパネル(ドリンクホルダーがある奴)をはがします。これ地味に上の細い方が外れにくくて怖かった。

外れたらシフト基部の左側面に見える白いコネクタを外します。電気系いじるときのお約束でエンジンかけてない状態にしてね。ヘタするとハイブリッドシステムエラーでディーラー呼ぶ羽目になるから。たぶんエンジンさえかけなければならないと思う。(本当ならバッテリーも外したほうが確実だけどコネクタ外すだけだし割愛)

 

2015082805.jpgそしたらシフト基部の下に2箇所、上に1箇所13mmナットが付いているんでこれを外す。

硬いから回す時周りのパネルを傷つけないように気をつけたい。あ、インパクト使えばいいですねはい(持ってないけど)

 

 

2015082806.jpg外れた状態。

本当ならもっと分解したほうが作業しやすいけど、これ以上の分解すると戻せる自信がなかったのでこの状態でねじ山作っていきます。

 

 

 

ねじ山作り

2015082807.jpg使用するのはM6・1ピッチのねじ切りダイス。ねじ山作る奴ね。

ところでこれ普通は使う機会ないんでボク買ってないのよね。今後も使う機会が思いつかないから会社の人に借りました。

そしてねじねじしていきます。

この状態で作業するため、逆さまにしながらじゃないと潤滑油や鉄粉が内部に入っていくので必ず逆さにして作業してね。てか布かなんかで覆っちゃったほうが安全ね(ボクしなかったけど)

あと山作る前にあと何mm深くしたいか事前に測っておいたほうがいいです。切りすぎてシフトノブ底面が基部にぶつかるなんてことも……

ボクはだいたい4mmくらい深くしたと思います。

仮付け

2015082808.jpgとりあえずこんなくらいの高さになりました。

まだ干渉しそうもないのでもう少し下げてもいいかなと思うけど、地味に山作るのが辛かったのでこれで妥協。硬いよ(´・ω・`)

ちなみにほんの少し山作りすぎて最後までシフトノブを回すと斜めになりました。目標の深さに近づいたらちょくちょく仮付して角度を気にしたほうがいいですはい。

あ、変換アダプタはなにもしなくても数mmくらい山つくっても普通に入ります。

本付け

2015082810.jpg目標の深さ、角度になったらシフト基部を戻してナットをし、パネルを戻してCTシフトノブを取り付けます。

ちなみに山作りすぎて角度が行き過ぎた場合は、シフト基部側にロックタイトを使用して角度合わせて放置するといいと思います。

ボクは仮付段階で変換アダプターがCTシフトノブから抜けなくなったので多分変換アダプターとCTシフトノブがこれ以上時計回りに回ることはないと思うのでそのまま固定しましたが、変換アダプターとCTシフトノブとの締めが甘いまま基部と変換アダプターを固定してしまうと変換アダプターとCTシフトノブの方で更に回ってしまうので注意です(またロックタイト使えばいいって? 面倒)

高さ比較

2015082802.jpg

2015082808.jpg 2015082809.jpg

 

 

 

 

 

 

そのまま→下げ→取り付け。(純正の写真は忘れました)

最後に

正直、たぶん運転手ですら普段使用する分には変化に気づかないと思われる。完全に自己満足の世界(`・ω・´)

 

2015082501.jpg

すでに購入してから1年弱経過してますが…… ブログを書こう書こうと思って1年経過することなんてよくあることさ!(開き直り

それはそうと、(会社の人との会話で)わりとノリで購入したこのプリウスですが、やはりというか必然というか、自分のカスタマイズ癖の餌食になるようです。純正仕様なんてつまらん、フルエアロの痛車や(でもよくリサーチしないで購入したため、一部純正の他グレードのパーツを取り付けようとかもしています)

とはいってもお金ないのでちょこちょこ改造していくくらいで完成は数年後だと思いますけどね。

ここですでにお気づきでしょうけど、タイトルにその1と書いてありますよね。今後このカテゴリでカスタマイズの記録を残していこうと思います。小さいのから大きいのまで。

みんカラの整備記録みたいな作業途中の画像は殆ど出ないと思いますけど、簡単なものならDIYで済ませようと思ってます(小物の塗装やライト類の付け替えなど)

そしてすでに幾つか作業済みだったりするので、しばらくはそれを記事にしていきます(この記事製作時はヘッドライトの加工中)

はたしてその何で終わることやら……

どうもこんにちは、御堂です。

いやはや最後の記事から気づけば半年も経ってしまいました。

ネタがなかったわけじゃないんですけどね……

※会話形式の記事の場合、タイトルとタグに『対話形式』と書くようにします。

以前から調子の悪かった自作PCの総メンテナンスをして、原因がマザボにあるらしいことを半信半疑で突き止める主。

善は急げと新しいマザボをAmazonで取り寄せるも彼はひとつ重要な項目を見落としていた……

archive


×

ログイン