よくブログでtwitterへの投稿ボタンを見かけますが、それの方法でも書いておこうかと思います。

(当ブログの記事左下付近にあるやつです)

  • category
  • default
  • page
  • view

上記のの各テンプレートファイルの任意の位置に下記のコードを記述。

※一箇所、各ユーザーに変更していただく部分があるのでお忘れなく

<a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="{$freo.core.http_file}{if $page.id}/{$page.id}{elseif $entry.code}/view/{$entry.code}{else}/view/{$entry.id}{/if}" data-text="{if $page.title}{$page.title}{else}{$entry.title}{/if}" data-lang="ja" data-via="ツイッターのアカウント名" data-dnt="true">ツイート</a>

 header.htmlのhead内に

{literal}
	<script type="text/javascript">
	<!--
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");
	// -->
	</script>
{/literal}

ちなみにこちらからでも同じスクリプトは制作出来ます。

その場合、下記のように記入すればたぶん行けます。

URLを共有 {$freo.core.http_file}{if $page.id}/{$page.id}{elseif $entry.code}/view/{$entry.code}{else}/view/{$entry.id}{/if}
ツイート内 テキスト {if $page.title}{$page.title}{else}{$entry.title}{/if}

@アカウント名を入れない

"@アカウント名さんから"をツイート内容に入れたくない場合は上記のdata-via=""部分を削除すれば消えます。

@アカウント名さんからという表記を変更する

例えば"RT @アカウント名: タイトル URL"のように非公式RTのようにしたい場合は上記のdata-via部分を消し、data-text内の最初に"RT @アカウント名: "を入れる

きっかけ

自分、記事内で使用するメディアのファイル名は「"日付"+"連番"+".png"」(例:2013012801.png)で管理しているのですが、これをメディアから挿入させようとするとどうしても最新のはソートの関係上一番下になってしまうんですね。

それでは毎回記事を作成するうえで面倒極まりない。という考えがきっかけです。ディレクトリ内のメディア数が多ければ多いだけスクロールする必要が出てきますからね。

ちなみに自分は記事で使用するメディアはblogというディレクトリにいれています。ですので逆順にするのはこのディレクトリだけでいいんです。他のディレクトでは上記のような管理方法はしていないので、逆順にするとかえって管理が面倒になってしまいます。

ですので、今回は一部のディレクトリだけを逆順にする方法を記載しようかと思います。

(余談ですが今回から段落を意識した文にすることを心がけていきます)

今回の調整でほぼこれ以降はメインサイトの調整をする必要がなくなるまでになったと思います。

スマホの方もたぶんまともに見れるはず(フォントサイズが未だにどうしようか悩んではいるけど)

ガラケーのほうは……ここ最近触ってすらいないので以前のままです。

たぶんこれ以降も触りません。

ただもう一つのcss(右下にあるcss変更から変更できます)のほうはまったくもって未調整すぎるので、しばらくはそっちと看板娘のサイトを作ることにwebのほうでは専念しようかなと。

※長くなりそうなので改ページに

freo公式新着ページ表示プラグイン改良版

公式新着ページ表示プラグインで取得対象を選択できるようにしたプラグインです。

※複数階層対応

freo公式新着ページ表示プラグインを元にしているので二次配布となります。

許可は作者であるないとさんにいただきました。(前回の検索プラグイン改の方でではあるけど(´・ω・`))

ダウンロード

DL:page_recently_kai_1.1.0

※取得対象選択に関しては公式やないとさんへ問い合わせがないようお願いします。

設置方法

公式の方法と同様です。

未確認情報

現在、freoの基幹部分(libs、mails、PEAR)を独立設定にしているともしかしたら表示対象が機能しない可能性があります。

(最初に1度発生しただけなので、もしかしたらキャッシュの問題という可能性もありますが】

謝辞

freo及び公式検索プラグインの作者さん(ないとさん)

素敵なプラグラムを作っていただきありがとうございます。 この場を借りて改めて感謝します。

改造経緯

このブログでは創作に使えそうな事柄を辞書機能として登録しているおり、それの新着表示用に公式の新着ページ表示プラグインを使用しています。

しかし少し不便で既存では対象IDを設定できずにすべてのページから新着表示をしてしまいます。

なのでID指定できるようにしました。

次回の更新では複数選択(OR処理)できるようにしたいと思います(いつになるのかな……)

その次あたりでは個別に選択できるようにしたいですね(´・ω・`) 公式で対応されるのを夢見ながら!

Notes

2013/01/03
ver.1.1.0 元プラグインver.1.2.0に合わせて調整
2012/11/1
ver.1.0.0 二次配布開始

freo公式検索プラグイン改良版

公式検索プラグインで一部機能を追加したプラグインです。

freo公式検索プラグインを元にしているので二次配布となります。

二次配布許可は作者であるないとさんにいただきました。

追加機能

プラグインメニューによる検索対象の追加

└※複数階層対応

ラジオボタンによるワード検索とタグ検索の切り替え

└※オンオフが可能

※共にoptionの使用は考慮されていませんので動作保証対象外です。

ダウンロード

DL:search_kai_1.3.0

※追加機能に関しては公式やないとさんへ問い合わせがないようお願いします。

設置方法

公式の方法と同様です。

サイドバーへの設置

<div class="utility">
  <h3>キーワード検索</h3>
  <div class="content">
    <form action="{$freo.core.http_file}/search" method="get" name="search">
      <fieldset>
          <legend>キーワード検索フォーム</legend>
          <dl>
            <dt>キーワード</dt>
            <dd>
              <!--{if $freo.config.plugin.search.search_radio}-->
              <input type="text" name="{if $document.search.name =='word'}word{/if}{if $document.search.name =='tag'}tag{/if}" size="50" value="{if !$smarty.get.tag}{if ($smarty.get.word == '')}サイト内検索{else}{$smarty.get.word}{/if}{/if}{if $smarty.get.tag}{if ($smarty.get.tag == '')}サイト内検索{else}{$smarty.get.tag}{/if}{/if}" />
              <!--{else if}-->
              <input type="text" name="word" size="50" value="{$smarty.get.word}" />
              <!--{/if}-->
            </dd>
            <!--{if !$smarty.get.page_name}-->
            <dt>検索対象</dt>
            <dd>
              <!--{if $freo.config.plugin.search.search_radio}-->
              <label for="search_word"><input type="radio" name="tgt" value="" {if !$smarty.get.tag}checked{/if} onclick="document.search.elements[1].name ='word'" id="search_word">キーワード検索</label>
              <label for="search_tag"><input type="radio" name="tgt" value="" {if $smarty.get.tag}checked{/if} onclick="document.search.elements[1].name ='tag'" id="search_tag">タグ検索</label>
              {literal}
              <script type="application/javascript">
       <!--
       window.onload = $(function setValue_on(){
         var url_get = document.URL;
         if (url_get.search(new RegExp("search.*tag=")) != -1){
           document.search.elements[1].name ='tag';
         }
         else if (url_get.search(new RegExp("")) != -1){
           document.search.elements[1].name ='word';
         }
       });
       function setValue(){
         var url_get = document.URL;
         if (document.search.elements[1].name == 'tag'){
           var element = document.getElementById("search_tag");
           element.removeAttribute('name')
         }
         else if (document.search.elements[1].name == 'word'){
           var element = document.getElementById("search_word");
           element.removeAttribute('name')
         }
       };
       // -->
              </script>
              {/literal}
              <!--{/if}-->
              <select name="target">
                <option value="">すべて</option>
                <option value="entry"{if $smarty.get.target == 'entry'} selected="selected"{/if}>エントリー</option>
                <option value="page"{if $smarty.get.target == 'page'} selected="selected"{/if}>ページ</option>
                <!--{if $freo.config.plugin.search.p_id}-->
                <option value="{$freo.config.plugin.search.p_id}"{if $smarty.get.target == $freo.config.plugin.search.p_id} selected="selected"{/if}>{$freo.config.plugin.search.p_name}</option>
                <!--{/if}-->
              </select>
            </dd>
            <!--{/if}-->
          </dl>
        <p><input type="submit" value="検索する" onclick="setValue()" /></p>
      </fieldset>
    </form>
  </div>
</div>

謝辞

freo及び公式検索プラグインの作者さん(ないとさん)

素敵なプラグラムを作っていただきありがとうございます。 この場を借りて改めて感謝します。

改造経緯

このブログでは創作に使えそうな事柄を辞書機能として登録しているおり、それの検索用に公式の検索プラグインを使用しています。

しかし少し不便で既存ではプルダウンメニューから新規に対象を追加できません。

特定の階層以下のみを検索対象にしたい場合の方法は公開されていますが、プルダウンメニュー非対応としてです(公式参照

なのでプルダウンメニュー対応化させました。

次回の更新では複数追加できるようにしたいと思います(いつになるのかな……)

Notes

2013/01/03
ver.1.3.0元プラグインver.1.4.0に合わせて調整
2012/12/02
ver.1.2.1 ミスっていた部分を修正
2012/12/02
ver.1.2.0ラジオボタンによる検索種類の切り替え機能の追加
対象を"すべて"にした場合、ヒット数がおかしくなるのを修正
2012/10/25
ver.1.1.0 設定管理で追加対応。階層対応
2012/10/23
ver.1.0.1 複数階層に対応
2012/10/22
ver.1.0.0 二次配布開始

archive


×

ログイン