05/202011

ubutnu 19.04から20.04へのアップグレード

ubuntu 20.04 LTS Serverが2020年4月24日にリリースされました。

現在ブログ等で使用しているvpsのubuntuが19.04なので、今回はそれをアップグレードした備忘録を残しておこうかと思います。

なお、SSH接続でのアップグレードは不備が発生する可能性があるので、コンソール接続でのアップグレードをおすすめします。

アップデートマネージャーを導入

ubuntuのアップデートを行うためにアップデートマネージャーをインストールします。

過去にアップグレードをしている場合はすでに導入されていると思います。

$ sudo apt install update-manager-core

19.04を19.10にする

まずは`20.04LTS`へアップデートできるのは`18.04 LTS`もしくは`19.10`となっていますので、現行バージョンを19.10の最新状態にし、不要なパッケージ等は削除しておきす。

$ sudo apt update
$ sudo apt -y dist-upgrade
$ sudo apt -y autoremove

アップデートマネージャーの設定を確認します。

設定ファイルは`/etc/update-manager/release-upgrades`です。

まずはLTSではなく19.10へアップデートするため、設定値は`normal`にします。

- Prompt=lts
+ Prompt=normal

次に更新があるか確認を行い、19.10が見つかった場合更新します。

$ sudo do-release-upgrade -c
$ sudo do-release-upgrade

必要に応じて`y`や`Enter`を使用して進めてください。

アップグレードが完了したら再起動をしてバージョンが19.10になっているのを確認してください。

19.10を20.04 LTSにアップグレード

最後に20.04 LTSにアップグレードを行います。

アップデートマネージャーの設定を`normal`から`lts`に変更します。

- Prompt=normal
+ Prompt=lts

その後、同様に更新を確認して20.04 LTSが見つかったら実行します。

$ sudo do-release-upgrade -c
$ sudo do-release-upgrade

完了後、再起動して20.04 LTSになっていることを確認してください。

ちなみに自分の環境では各アップグレードに30分ほど要しましたので、比較的アクセス数の少ない時間にやるのをおすすめします。

余談

まさかブログの最終投稿が1年以上前だったのに驚愕している……

現在ブログをfreoのオリジナルテンプレートからNuxt.js + directus(ヘッドレスCMS)にリニューアル作業を行っているので、夏前にはたぶん切り替わっていると思います。

関連エントリー

関連エントリーはありません。

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • 閲覧制限 ※管理者のみにすると投稿者でも確認ができなくなります。

archive


×

ログイン